ゼロからはじめる本気の貯金 ―35歳の現実―

2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOPスポンサー広告 ≫ お金がないので、婚約指輪を売るべきか。TOP貯金の捻出方法について考える ≫ お金がないので、婚約指輪を売るべきか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

お金がないので、婚約指輪を売るべきか。

やっと9月に入りました。
私のお給料日は毎月10日なので、あと一週間ほど凌げればなんとかセーフと言った感じです。

ですが、先月は本当に出費がいろいろ重なって大変でした。

先月は10日が日曜日だったので、前倒しで8日(金曜日)にはお給料が振り込まれていました。
だけど、その日のうちに例の給与仕訳をして、残ったお金は5千円にも満たない額。

おいおい。中学生のお小遣いも同然ではないか・・・。

給料日のその日に手元に残ったのが数千円とはヒドい。

しかも先月は友人の出産祝いやら何祝いやらが重なって
追加の出費が2万円ほど。

この分は、申し訳ないけど兄への返済用に部屋で貯金している貯金箱をOPEN!
して賄いました。

その後も、夏だということで友人達とちょっとした遠出のような
遊びに出掛けてしまい、さらに数千円が羽を生やして飛んで行き
もう兄への貯金はほとんど残っていない状態。

やっぱり部屋に現金を置いておくとダメだな、と改めて実感。(←意思の弱い私の場合)

その後はお財布に触る事さえない日々がしばらく続き、
可能な限り出費は抑えました。

財布に手を出したのは、底をつきかけたガソリンを入れたときくらい。

で、次の給料日までようやくあと1週間程度、というところなのですが
今の所持金「265円」です。

良い大人なのに・・・

ガソリンはあと1週間は持ちそうなので、特に出費しなければならないような予定はありません。
が、出先で飲み物を買ったりするお金さえほとんど無いのは辛い。

これで1週間我慢出来るのか。

こんなとき、その場凌ぎで家にある本とか服とかをBOOKOFFに持って行きたいところなのですが
そういう事も遣り尽くした感があって、特に売れそうなものも見当たりません。

唯一、ある程度お金になりそうなものと言えば
破談になってしまった前の婚約者からもらったダイヤのエンゲージリング。
と、ダイヤのネックレスくらい。

さっさと処分してしまえばいいのに、未だに持っている辺りが暗いですよね。

ゴールドにダイヤモンドが埋め込まれているタイプなのですが
元々特に高い物じゃないので、売ったところでたかが知れているでしょう。

それに金とかって相場があるみたいだし、どうせ売るなら少しでも高く売りたい
という気持ちももちろんありますし。

それにしても、1週間を265円で過ごすのは辛い。


でもひとつだけ、進歩したことがあります。
それは、自分貯金で置いてある14万円を使うという選択肢が
全く思い浮かばないというところ。

今までだったら、即1万円くらい引き出していたことでしょう。

自分でもこの心境の変化は謎なのですが
なぜかこの14万円は、私の中で「使えるお金」という認識はされていません。
普通預金だから、いつでも自由に引き出せるのですがね。


うーん。

とりあえずは、265円で乗り切る方向で
飲み物とかは自分で作って持ち歩こうと思います。

早く来ないかな給料日。

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

むーこ

Author:むーこ
35歳。

今まで毎月給与を使い切る生活をしてきましたが、将来のためにも貯金をはじめることにしました。

ただ、お金のことはこれまであまりに無関心で基本的に無知。

今更ですが、お金の事、貯金の事、イチから勉強してみます。

2016年に結婚しました。

スポンサードリンク
むーこ愛用 楽天カード
クレジットカード初心者の私が、33歳ではじめて手にしたカード。安心して使っています。
QRコード
QR
参加ランキング




にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 実家暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。