ゼロからはじめる本気の貯金 ―35歳の現実―

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 本の紹介「月収20万からのお金持ち講座」TOP本の紹介 ≫ 本の紹介「月収20万からのお金持ち講座」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

本の紹介「月収20万からのお金持ち講座」

貯金や貯蓄に関する本を図書館でたくさん借りてきたのですが
今日はそのなかからこちらの本を紹介しようと思います。



谷口直樹さんの「月収20万からのお金持ち講座 ~覆面部長の「貯める・増やす・儲ける」12ヵ月プログラム」

初版が2005年なので10年も前の本なのですが、結構面白いしまだまだ活用できるアイディア満載です。

ざっくり説明すると、12章構成になっていて、それぞれが4月の講座、5月の講座・・・となっていて1ヵ月単位で講座形式で考え方や知識を教えてくれます。全然貯金の無いダメダメな主人公に、毎回別の講師(というか主人公の会社の先輩)が代わる代わる教えてくれると言う、読みやすい内容です。

ただ、12ヵ月のプログラムと謳っていますが、読むだけなら2,3日もあれば十分な量だし、それぞれ1ヵ月もかけて実践していくような重い内容でもありません。

本では、最終的に1年後にはお金持ちとして独り立ち(?)できるように描かれています。



この本、実は私かなり付箋を貼りつけておりまして、付箋だらけになっています。
それぐらい、役立つ考え方とかアイディアが満載でした。

まず「お金持ち」の定義が面白かったです。

年収が1,000万とか、職業が医者や弁護士とか、そういうことがお金持ちなのではなく

自分が普通に暮らしている状態での生活費よりも収入が多ければ、それは「お金持ち」だと。

だから例えば、年収1,000万円でも、常に豪遊していて生活費(娯楽含む)に年間1,000万円以上使ってしまう人ならば、その人はお金持ちではないと。

反対に年収300万円でも、生活に年間で250万円しか使わない人であれば、毎年50万円の黒字が出るお金持ちであると。

だから、お金持ちになるためには、収入を増やすのもひとつの手だけど、生活費を減らすのも方法だと言ってました。

あ!でも「生活費」というのは、決して苦しい節約とか無理な切り詰めた生活で実現させるのではなくて、あくまでも自分が心地よく過不足なく暮らせる状態のことを言うらしいです。


だから、都心に住んで毎日外食三昧したり年に数回は海外旅行に行きたい人と
田舎暮らしで自給自足の生活が好きな人とでは
お金持ちと言える金額が全く違うというわけなんです。


あとは、収入を増やすのももちろんお金持ちのひとつの道だけど、会社からの給与だけではなく「副収入源」を持つのも策だと。

自分が直接動かなくても、収入が入ってくるような仕組みを作れば、何もしなくてもお金が定期的に入ってくるようになる。世の中のお金持ちはだいたいそんな感じで収入減を持っていると言っています。

例えばマンションを買って家賃収入を得るとか、投資をしてお金に働いてもらうとか。
それには元手が必要なので、今の私には関係ないんですけどね。

第2章、第3章では、それぞれ「家計簿のつけ方」と「決算書の作り方」を解説していました。

私は現在、家計簿をつけているのでとっても面白かったです。
私の家計簿は結構細かいのですが、その基本的な書き方も理に適っていることがわかって安心しました。


IMG_2500.jpg
私の家計簿→家計簿を手作りしました

と言っても、当たり前のことばかりなのですけど(笑)。

まず、大事なのが

①予算を決めること

そして、

②1円単位できっちり書くこと

さらに書いてて良かったなと思ったのが

③評価、分析をすること

④翌月の目標を決める事

です。

01 (コピー)

これがエクセルで自作した家計簿の表紙に使っている「まとめ」なのですが
下の方に、当月の評価点と反省点を書く欄を設けています。

さらに一番下は、それらをふまえた翌月の目標です。

これはやっておくべき、とのことだったので、こういうフォーマットにして良かったなと思いました。


ただ、今回一番目からウロコが落ちたのは、第3章の「決算書」です。

この家計簿を元に決算書を作るそうなのですが、家計簿と違うのは達成率を%で算出すること。

予算に対し、実際の出費がいくらだったのか、それを達成率として「96.4%」とか「128.7%」のように書いていくそうなのです。

100%未満は黒字で、100%以上は赤字ということになります。

私は一番右の欄に「差額」を記載していますが、この%表示はしていませんでした。
今後は決算書も作って達成率の変動にも注目して行こうと思います。

そして%での達成率がわかったら、そこから経営計画(家計計画)を練る。

それで練った計画というのが、翌日の予算になるというわけです。



面白いのは、当月の予算が黒字になって余った場合。

余った分を即お小遣いにするのではなくて、「賞与」として分配するらしです。
分配という発想は、一人暮らしではなく家庭の家計簿の場合に限りますが、余った分を家族で分配するという発想です。

それにより、家族が一層節約に心掛けるようになるし、節約によって出たあまりを享受できるので節約自体が楽しく感じられると書いてありました。小学生とか中学生とかのお小遣い制の子どもがいる家庭ではこの制度はいいなと思いました。

歯磨きの時に水を出しっぱなしにしたり、エアコンやテレビをつけっぱなしにしたりとかがいかに無駄か、それにお金がかかっているんだということを認識させ良い教育のように思えます。

私も、余剰分が出たら即翌月のお小遣いに回したりせず、半年とか貯めておいて年に二回の自分ボーナスをつくってみようかなと思います。



応援のポチ、よろしくお願いします。

昨日は4名の方がポチしてくださいました。本当にありがとうございます!
現在 「家計管理・貯蓄(30代)」 ランキング3位、「実家暮らし」1位、「結婚までの道のり」5位です。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 実家暮らしへ

にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
本の紹介 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

むーこ

Author:むーこ
35歳。

今まで毎月給与を使い切る生活をしてきましたが、将来のためにも貯金をはじめることにしました。

ただ、お金のことはこれまであまりに無関心で基本的に無知。

今更ですが、お金の事、貯金の事、イチから勉強してみます。

2016年に結婚しました。

スポンサードリンク
むーこ愛用 楽天カード
クレジットカード初心者の私が、33歳ではじめて手にしたカード。安心して使っています。
QRコード
QR
参加ランキング




にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 実家暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。